HOME

About OTIS! English

Live Music Information English

OTIS!の紹介

ライヴ情報

ブログ

携帯用ブログ

ウパシクマ

リンク

BBS 

OTIS! ライヴスケジュール

  2018・6・20 更新
  
pm6:30オープン  p.m7:30スタート(1ドリンク付き)明記なきもの

 メールにて前売予約受付中! こちら迄  mailto:otis.s@nifty.com
   名前 住所 電話番号 ライヴ名 枚数を明記して下さい。
  当日受付にて、お名前と引き換えに前売り扱いで御入場いただけます。
  (売り切れの場合を除き、前日まで有効、尚、明記なき方のご予約は
  お受けできません。

  
返信のない場合は、お電話にてお申し込み下さい。
  
(時々、メールを送れない方があります。ご迷惑をおかけします。)

 叉は、こちらページをプリントアウトしてお持ち下さい。
  前売り料金にてご入場いただけます。(売り切れの場合を除く)
 

 ライヴ場所は、全てOTIS!です。
     広島市中区加古町1−20 TEL 082-249-3885
     地図、道順は
OTIS!の紹介ページに掲載しています。

6/20
(水 )
7:30pm~
前売\
当日\

近日発表

ソロギターの世界
助川太郎
 & 徳武正和

広島と東京の
俊英ガットギター弾きの競演、、、
ちょっと予想外の組み合せ?(^^)
ソロを中心に
共演曲ももちろん!
お楽しみに!

CLASSIC  BRASIL
JAZZ TANGO,,etc,,

助川太郎
ジャンルを超えて活動するギタリスト
1973年東京生まれ。
2001年 米ボストン, バークリー音楽大学 ギター科卒業。
ブラジル音楽を中心に、ジャズのバックグランド、
尾尻雅弘氏に師事したクラシックギターの要素、
エフェクターや特殊奏法を多様したサウンドデザイン等、
様々な要素が混然一体となっている演奏家である。
近年では民族楽器「口琴」に深く魅せられ、
口琴奏者としての活動も開始。
ギター、口琴、エフェクターを併用した三位一体の演奏で、
音楽シーンに全く新しい世界観を発信し続けている。

徳武正和(とくたけ まさかず)
1965年 広島生まれ
これまでに長野文憲、福田進一両氏に師事。
藤井眞吾、松永一文、稲垣稔各氏のレッスンを受講。
J. モレル、D.ラッセル、P.ボナグーリ各氏のマスタークラスを受講。
又、バロック音楽の演奏解釈及び、アンサンブルを佐々木政嗣(リュート)、
宇田川貞夫(ビィオラ・ダガンバ)、永田平八(リュート)の各氏に学ぶ。
1993年5月 日本クラシカルギターコンクール第3位入賞。
1993年9月 読売新聞社主催 第20回ギターコンクール 優勝。
1994年8月 フランスに渡り、モルジーヌ音楽祭、講習会に参加。
その後、イタリア/ガルニャーノにてO.ギリア氏のマスタークラスを受講する。
1994年12月 第37回東京国際ギターコンクール第3位入賞。
沖縄ムーンビーチミュージックキャンプに参加
1996年6月 第21回ギター音楽大賞コンクール 最優秀賞受賞。
1997年 モダン・タンゴ五重奏団結成(A.ピアソラの音楽を中心に演奏)
1998年9月 中国電力主催エネルギアドリームコンサートにて、J.ロドリーゴ作曲の
「ある貴紳のための幻想曲」を飯森範親氏の指揮による広島交響楽団と
共演する。
1999年11月 第45回九州ギター音楽コンクール優勝

------------------------------------------------------------------------

6/25
(月 )
8:00pm~
前売\2,500
当日\3,000

1ドリンク付き

11st 奥田治義の世界
   2nd 斎藤孝太郎

日本を代表するエレクトリック・チェリスト
「斎藤孝太郎」と、
孤高のソロ・ベーシスト「奥田治義の世界」。
新宿四ツ谷での競演を経て、広島で再演。
2人の競演で何かが生まれる瞬間を、
是非ご覧ください!

7/1(日)
7:00pm~

参加費1000円
 1ドリンク付
鑑賞は
ドリンク代
500円のみ

GypsySwingジャムセッション in OTIS!

ジプシースウィング(ジャズマヌーシュ)
を中心とした気軽なジャムセッションです。
しっかり演奏したい方はもちろん、
初心者の方もたくさんいらっしゃるので
「マイナースウィング」だけとかでも
ご参加できます。
また、見学や聴くだけの方もお気軽にお越し下さい。お待ちしています!

セッションの流れや定番曲の譜面ダウンロードは、
以下サイトからできます▼
https://tomoakinishiura.jimdo.com/session/

■セッションホスト:ニシウラトモアキ
           (マカフェリギター)

7/7
(土 )
6:30pm~

当日\3,500

1ドリンク付き

maaayo

日本語の持つ温かさ、響き、力にスポットを当て
各地でライブを企画、一つ一つ大切に歌い続けている。
近年では、音楽家・渡邊崇氏の楽曲でカンヌ国際映画祭出店の
映画の主題歌を歌唱、
広島・原爆ドーム前で行われた「One Dream Consert」での
ライブパフォーマンスなど活動の場を広げている。

7/11
(水 )
7:30pm~
前売\3,000
当日\3,500

1ドリンク付き

打楽器と声
佐藤正治
 旅-2018 夏- in 広島

【出演】佐藤正治(Per. Gtr. Vo. Voice 他)

ヒカシューを始め、
野清志郎、井上陽水、久石譲、ビル・ラザウェル、
アリルド・アンデルセン他、国境を越え様々な
アーティストとの共演するドラマーであり
作曲家であり、舞台俳優。

7/14
(土)
7:30pm~
前売\2,000
当日\2,500

1ドリンク付き

上方唄人
安室光一 (大阪)
  vs メンフィス・チキン

安室君、、とも、長いなあ、
言っときますが。「やすむろ」と読んで下され!
最初はキムチブラザース、あずみ、っていう強力な人と一緒じゃって
そらもう、ビデオで感激したもん
でも、きむち、、とは会えずで、安室さん、ソロで動いてます

芸風は一風も二風も、変わってます
まず、すげえブルースギター弾きのわりに、オリジナル重視です
っていうか、ほとんど自作曲日本語で
この点私の点数高いです

ギターは、ホンマに、ホンマにうまいっすよ
スイング系のタイムで勝負するギター弾かせたら。
そりゃ、もう、、強力!ですわ。
頭ん中グチャグチャにされます(拍子取れんってことですわ)

唄は、本気か、うそか、やわこい歌詞を、流れのよい、
ちょっとジャズなメロに、のせて、歌います

ふんで、MCが、吉本だす。
素朴で素直なキャラも滲み出てて、ここも、点数高いですわ。

あんまり黒、黒した暑っくるしいコピーブルースはご勘弁
でもブルースは好き、いろんなブルース知ってみたい、
ていう人居たらチャンス!
7/15(日)
7:00pm~
参加費1000円
 1ドリンク付
鑑賞は
ドリンク代
500円のみ

インストライヴ Vol.63
 出演者募集します。鑑賞だけでも大歓迎です。お気軽にどうぞ。
 出演希望の方はOTIS!までメールかTELでご連絡下さい。
 
mailto:otis.s@nifty.com  TEL 082-249-3885

 午後7時スタート
 1組15分程度(参加人数により変動します。)
 楽器の種類は問いません。
 基本的にヴォーカルは不可、ヴォイスは可です。
 
 どうぞご参加下さい。
 ご連絡お待ちしています。

7/16
(月.祝)
7:00pm~
前売\2,300
当日\2,800

1ドリンク別

[20 GUILDERS "大いなる静寂”
TOUR 2018 広島編]
at OTIS!

●20 Guilders ●戸川祐華+yonju miyaoka
●山口ヒサシ ●イモトユウスケ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出演者プロフィール
20 Guilders
タバタミツル、スズキジュンゾ共通のルーツである「ロック」「うた」に焦点を絞るというコンセプトで2007年結成。自主CDRと、カセット作品、コンピレーションCDなどへの参加、精力的なツアー活動を経て、2010年に満を持して大阪GYUUNE CASSETTEより、バンドセットをふくむ1stアルバム「20 GUILDERS」を発売。翌年、新録3曲を含む「New & Wrong Songs for Patricia」を自身の「GULDENMUZIEK」よりリリース。その後も精力的なライブ活動を重 ね、2013年11月、フィラデルフィアのNod & Smile Recordsより約二年半ぶりのスタジオ録音を地元バンドとのスプリットLPにてリリース。そして、2017年、ドラムスに高橋幾郎、エンジニアにリチャード・ホーナーを迎え、全編札幌録音となるセカンド・アルバムが、CDでは国内のGYUUNE CASSETTE、LPでは米国フィラデルフィアのNod And Smile Recordsからリリース。2018年3月、米国シカゴのEye Vibe Recordsより、アンビエントかつサイケデリックな初のギター・インスト・ライヴ・アルバム”Il Grande Silenzio”をカセット・リリース。
酩酊感溢れるエレクトリックギター二本の絡みから零れ落ちる歌心は、健在、更に進化を遂げている。

タバタミツル
80年代中期より、のいづんずり、BOREDOMS、ZENI GEVA、ACID
MOTHERS TEMPLEなどのバンドを経て、現在はGREEN FLAMES、ガセネタほか様々なグループや、ソロ活動を展開する万華鏡的サウンドのギタリスト。

スズキジュンゾ
PSFレコーズや数々の海外からのリリースで知られるサイケデリック・トリオ、みみのこと、近年乱発されるソロアルバムで聴かれる'SPACED-OUT PSYCH BLUES' と称されるソロギター。国内外にて精力的な活動を展開している。

BANDCAMP
http://20guilders.bandcamp.com
Facebook Page
https://www.facebook.com/20Guilders/
Soundcloud
https://soundcloud.com/20-guilders

戸川祐華
995年産まれ。2011年より自作曲を作りライブ活動を始める。
2017年2月ギューンカセットより1stアルバム[good bye girls]リリース

yonju miyaoka
1995年12月24日生まれ。今井和雄氏に師事。相槌、終古のオミット、とても茶、等の活動においてアバンギャルドな即興と歌の融合を試みている。また、マヘルシャラルハシュバズへ参加している。戸川祐華とのデュオではドラムスを担当。

山口ヒサシ
歌とギターと。ハーモニカと。

イモトユウスケ
カングルワングルのギターリストとして活動した後、オカダノリコさんのレコーディングをしつつ数回とのデュオでライブをさせてもらいました。オカダさんの音源やっと今年出るとの噂です。歌とギターの演奏を絡めながら弾き語りをしようと心がけております。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

7/20
(金)
7:30pm~

前\3,500/
当日\4,000
1ドリンク付き


小山卓治 HARUKA ツアー〉※生声ライヴ

骨太な歌
まさしくロック!
尾崎豊やミスチルらが
リスペクトしていた
というレジェンド
まっすぐな歌い手!

小山卓治 [ Takuji Oyama ]
1957年生まれ、熊本県出身のロックなシンガーソングライター。
1983年にデビュー後、数々の良質な作品を世に送り出し,
ストーリーテリングの手法を使った作品は、各方面より注目され
コアな人気を集める。

 その独特の詩世界はメッセージ性が高くものすごく『ロック的』である。
現在でも非常に根強いファンが存在し、ロックミュージシャンのファンも多い、
例えばミスチルの桜井和寿が小山卓治の「最終電車」をライブでやったり、
尾崎豊も小山卓治のライブに行ってたりしていた。

曲とその内容は、もの凄く強烈!! 聴いた後に何かが残るんですね、
そうです『大切な何か』が残るんです!! 
これぞロックが本来持っている(持っていなきゃいけない)ものでしょう。
(中古CD.com の紹介文より引用)

7/29
(日)
7:30pm~

前\2,500/
当日\3,000
1ドリンク別

豊田耕三1stソロアルバム
 『Internal Circulation〜呼吸の巴〜』
  レコ発ツアーライヴ in 広島】

出演:豊田耕三(アイリッシュフルート)
    &久保 慧祐(ギター)

   さらさ

8/5
(日)
7:30pm~

前\2,500/
当日\2,800
1ドリンク付き

アラブ音楽
加藤吉樹

 O.A 佐伯雅啓(ウード) カワムラ(ダルブッカ)

8/6
(月)
7:30pm~

投げ銭
要ドリンク代
500円

OTIS!恒例
爆心地ライヴ

出演

  遠藤ミチロウ
 三代目春駒
 パキデサット
 西出 百合香(Vo.三味線)
        サット プレム(Per.タブラ)
  他

8/8
(水)
7:30pm~

前\3,500/
当日\4,000
1ドリンク付き

[真夏のハシケン・ソロ]
ハシケン

溢れ出る感情
現れては消える風景
色んな気持ちが
交錯する時間 ハシケンのソロ

元ちとせ、
我那覇美奈等へ楽曲提供
若松孝二、河瀬直美などの
映画の音楽担当
暖かくて繊細
泉のように溢れ出すパワー
さあ、ハシケンを体験!

9/23
(日)

4:00pm~

料金\3,000

ドリンク別

伍々慧 & さらさ


ライヴの感想をメールにてお寄せ下さい。
掲載可とお書き頂ければ掲載致します。お気軽にどうぞ。

音源とプロフィールをお送りください。
創造性のある音を希望します。プロ・アマチュア問いません。
自分達の感覚だけで先入観なく音源を聴かせて頂いています

ホーム

ライヴ

ライヴレポ

クールラニングス

へいへい通信社

しまねこ

編集後記

掲示板